DHA サプリ 選び方

MENU

DHA・EPAサプリメントの正しい選び方

サプリメントは、食事で足りない栄養素を補ってくれて、健康をサポートしてくれます。その中でも注目されているのが、最近話題のDHA・EPAサプリです。

 

テレビCMや雑誌でも紹介されていますよね。多くの商品が販売されています。そのためどれを選んだら良いのか迷ってしうと思います。当サイトでは、DHA・EPAサプリの選び方を価格や、配合成分などの観点から解説しています。

 

ただ単に、価格が安いからという理由での購入はおすすめできません。DHA配合と記載されても、配合されている成分が少なかったりすることもあります。

 

また原料がどこで取られて、どのように製造されたのかわかりにくい商品もあります。ですので、私としての基準は価格はそこそこ安くて、成分は良質という視点でDHA・EPAサプリメントを選んできました。それは正解であったと実感しています。ぜひ商品選びの参考にしていただけたらと思います。

 

DHA・EPAサプリを間違わないためのチェックすべき選定基準
DHA・EPAの含有量と品質
DHAサプリメントといっても、含有量が少ないものもありますので、必要十分なDHA量、良質なDHA・EPAが含まれているかををチェックしてください。

 

1日の摂取目安量としては、DHAとEPAを合わせて1g以上の摂取を厚生労働省は推奨しています(「日本人の食事摂取基準」(2010年版)。

 

身体に必要な栄養は、基本的に食事でとるのが理想なのですが、現実は忙しい日々が続き、食事も不規則になりがちです。ですので、その足りない分をDHAサプリから摂取していきます。ですので一日分のDHA・EPAを合わせて300〜400mgあれば良いサプリといえるでしょう。

 

製品の安全性(製造過程は、きちんとしているのか

サプリメントは毎日継続して摂取していきます。ですので、安全な製品であるかどうかも確認してください。DHAサプリの場合は、海中で生活している魚を用いますので、使用する魚に重金属が含まれていないかが、一つの基準となります。

 

それと、製造会社が食品安全取り組みを積極的に行っている会社の商品なら安全性も高いと思います。客観的な、安全性の評価基準となるのが「GMP認証」で、安全基準の一つの証となっています。

 

品質と販売価格のバランスはよいのか

品質がいくらよくても、DHAサプリの販売価格が高すぎたら、継続することができません。品質は当然よくなくてはいけませんが、やはり現実的に継続できる価格帯のものを選択することが大切です。

 

ただし、安いだけのDHAサプリは、コストを下げた品質、製造過程ですので、避けるべきだと思っています。

DHA・EPAサプリ人気ランキング

きなりサプリ楽天

きなりの特徴

さくらの森のきなりは、吸収率を最大限にまで高めたDHA・EPAサプリで、累計販売数15万袋突破の実績のあるサプリメントです。一日、合計約500mgものDHAとEPAを補うことができ、コストパフォーマンスも高いです。

 

クリルオイルに含まれるアスタキサンチンの抗酸化作用により、DHAとEPAを酸化から守り、品質を損なうことなく体に吸収することができます。

 

更に、日本古来の健康酵素のナットウキナーゼも配合されており、生活習慣病予防に高い効果が期待できます。クリルオイルの酸化防止作用は、ビタミンEの1,000倍もの抗酸化力がありますので、品質維持は抜群です。

 

生産過程においても厚生労働省認定のGIM製造工場でつくられているので、安全性もしっかりしています。今なら送料無料で安心の15日返金保証がありますので、安心してお試しできます。

DHA・EPAの含有量と品質:
DHA含有量 450.8mg、EPA含有量 49.0mg
製品の安全性:
「GMP認証」取得工場で製造
品質と販売価格のバランス:
品質と価格のバランスが非常によい。
価格 1,980円 【通常5,695円→キャンペーン価格1,980円】
評価 評価5
コメント 魚の匂いが全くしないのでのみやすく、魚嫌いでも続けやすいです。

 

大正DHA・EPA

大正 DHA・EPAの特徴

大正DHA・EPAは、DHA・EPAの合計量が600mgと他のサプリよりも多いのが特徴です。

 

ただ、ほぼDHA・EPAのみで作られているサプリメントなので、それ以外の有効成分も欲しいところはあります。

 

シンプルな配合なので、他のサプリメントにDHA・EPAも追加して飲みたい人にオススメです。他のサプリより値段が安くコスパも良好有効成分がDHA・EPA以外無いのが欠点。

DHA・EPAの含有量と品質:
DHA・EPAは他より多い合計600mg配合
製品の安全性:
大手製薬会社のDHA・EPAサプリなので安全性は確かです。
品質と販売価格のバランス:
とても良いです。

価格 1,000円 【通常4,000円→キャンペーン価格1,000円】
評価 評価5
備考 DHA・EPAのみで作られている。合計量が600mgと多い

 

DHAサプリ選び方

DHA&EPAオメガプラスの特徴

 

魚が苦手で食生活がみだれがちな方向けDHA・EPAサプリです。

DHA&EPAオメガプラスは、DHA・EPAに亜麻仁油をプラスされているのが特徴です。

 

DHA・EPAと亜麻仁油は、不規則な生活、食生活で乱れてしまった脂肪酸のバランスを整えてくれる働きがあります。それにより、血管の病気やアレルギーのリスクを少なくしてくれます。

 

ですので、DHA&EPAオメガプラスは、不規則で脂っこいものが好きだったり、魚が嫌いな人の体調を整えてくれるサプリメントです。

DHA・EPAの含有量と品質:
DHA含有量(6粒)、364.5mg、EPA含有量(6粒)127.5mg
製品の安全性:
「GMP認証」を受けた工場で製造
品質と販売価格のバランス:
バランスはいいが、他製品と比較してDHA含有量が少なめ。
価格 1,666円 【通常価格1,851円円→定期購入価格1,666円】
評価 評価5
備考 DHA・EPAに亜麻仁油をプラスしたDHA・EPAサプリ

DHA・EPAサプリの成分配合量と一日の適切な摂取量

DHAEPAともオメガ3系高度不飽和脂肪酸といわれる、栄養素であり、化学的な構造も良く似ているため、同じような効果を示すと考えられています。

 

その中でも、DHAは脳や網膜などの組織を構成する成分でもあることから、脳や神経組織の発育や機能維持の効果が期待されています。

 

EPAはというと、体の中でプロスタグランジンという物質に変化します。そして、そのプロスタグランジンには、血液を固まらせにくくし、血液をさらさらにする抗血栓作用の効果が期待されています。

 

科学的にも、DHA・EPAが身体に有効な効果があることがわかってきているんです。

 

DHAサプリは様々な会社から販売されています。その内容量を見てみると、各社でDHA・EPAの配合量が全く異なることがわかります。ですので、DHAの配合量が少なくても、DHAサプリとして販売されています。ですので、適したDHA量が含まれているかどうかを確認してから購入しなければなりません。

 

ではDHA・EPAサプリメントを購入する際に、どのくらいの含有量を基準としたらよいのでしょうか。前述もしましたが、厚生労働省によると、1日の摂取目安量として、DHAとEPAを合わせて1g以上の摂取を推奨しています(「日本人の食事摂取基準」(2010年版)。

 

ですが、日本人のほとんどが、1日のDHA摂取量1gを満たしていません。特に若い世代ほど、摂取量は低いという報告があります。

 

若い世代は、ファーストフードで簡単に食事をすませることも多いのと、社会的にも不規則な生活のために取るべき栄養素が不足しているという状況に陥っています。

 

ですので、DHA・EPAサプリメントを食事と合わせて摂取していけば補うことができるので、是非上手く活用していきたいものです。

 

DHA・EPAサプリの一日の摂取量ですが、400〜500mg程が一つの基準となっていますので、このぐらいの配合量を含んだDHA・EPAサプリメントを選ぶとよいでしょう。

DHA・EPAは酸化しやすいので注意

食事で摂取する栄養素も、サプリメントもそうですが、栄養成分というのは身体の中に吸収されてはじめて効果があらわれます。

 

いくら素晴らしい栄養素であっても吸収しなければ意味がありません。そして、吸収する際には、できるだけ新鮮な状態で摂取することが望ましいです。

 

DHA・EPAサプリの、弱点として、酸化しやすいという欠点があります。酸化してしまうと本来の栄養が、きちんと届かなくなり効果も半減してしまうことになってしまいます。

 

ですので、DHAサプリメントを開発する際には、各サプリメントの開発会社が酸化しにくくなるよう製造過程を工夫して、できるだけ酸化を防ぐような形にしていることが多いです。

 

一例を挙げると、サントリーのDHA・EPAサプリセサミンを加えることで、酸化防止をしています。セサミンを配合することで、体内に吸収されるDHA・EPAは、30%増加しているそうです。

 

また、高品質DHA・EPAサプリのきなりでは、クリルオイルを配合することで酸化防止を実現しています。クリルオイルとは、南極に生息するオキアミから抽出されるオイルで、一般的な魚油と比べて、新鮮な状態を保ちやすい形状をしています。

 

クリルオイルに含まれるアスタキサンチンの働きで、酸化を防ぎ、新鮮な状態で身体に吸収できるようにされています。

 

食品であれば、酸化したものはよくないということは知られています。サプリメントに関しても同様です。ですので、DHA・EPAサプリメントを購入する際には、酸化しにくい製造方法をとっている製品を選ぶようにしてください

DHA・EPAサプリは継続できる価格帯を選ぶ

DHA・EPAサプリの選び方について、いくつかお伝えしてきましたが、他のサプリと同様に、効果を実感するためには、ある程度継続しなければなりません。ですので、サプリメントの価格が経済的にやさしくなくてはなりません。

 

どんなに良い品質のものでも、あまりに販売価格が高ければ継続することができません。ですので、毎月購入しても継続できる範囲のものを選ぶようにしてください。

 

定期購入を選択すると、割引率も高くなるので上手く利用してみるとよいです。

 

また、定期購入を利用することで、毎回注文する手間も省けますし、買い忘れることもありません。また送料無料になるなどのメリットもあります。

 

定期購入にしておいて、もし解約したければ、すぐに解約できますし、それに帯するペナルティもありません。私自身も、DHA・EPAサプリ以外にも、ビタミンC、葉酸などのサプリメントを飲んでいますが、全て定期購入を利用して、お得に継続しています。

DHA・EPAサプリの効果

現在、DHA・EPAは、血中の中性脂肪の低減、血小板凝集を抑えることにより、心臓血管系の障害を予防するという効果があることがわかっています。これは科学的に分かっていることです。

 

他にも頭が良くなるという効果も、一時、テレビや雑誌で話題になっていましたが、この部分の効果はまだ科学的には認められていないようです。

 

ただし、DHAは人間の脳や網膜などの組織を構成する成分でもあることから、DHAサプリを摂取することで脳や神経組織の発育や機能維持の効果があるのではないかという報告がされています。

 

中性脂肪を減らすことにより、動脈硬化や生活習慣病の予防に繋がります。血虫の中性脂肪が増加することにより、悪玉コレステロールが増え、動脈硬化になりやすいです。

 

動脈硬化は、高血圧になりやすく、心臓血管系の病気を引き起こすリスクも高まります。ですので、中性脂肪を減らすということは、私たちの健康を維持するためにとても大切なことなのです。

 

それと、血小板凝集を抑える働きについてですが、血小板というのは怪我して、出血したときに、血を止めてくれる働きをしています。その血小板が正常よりも固まりやすくなるのが血小板凝集です。

 

DHA・EPAサプリメントによって血小板凝集を抑制することができれば、血栓ができにくくなります。それにより、脳梗塞心筋梗塞のリスクを減らすことができます。

 

もちろん、日常生活を規則正しく過ごすことが最も大切なことですので、いくらDHA・EPAサプリを飲んでいても、揚げ物や肉など、脂っこいものばかり食べていてはダメです。

 

また睡眠時間が短いと健康を損なうことがわかっているので、疲れを取るためにも一日6〜7時間は睡眠を取ることが理想です。忙しくて睡眠不足が続いたときは、休みの日に少し多めに寝るようにしてみてください。

 

DHA・EPAサプリメントで効果を出すためには、日常生活を見直しながら、食生活の改善、規則正しい睡眠を改善していくと、より健康な状態に近づくことができるといえるでしょう。